2019年4月1日オープン☆石廊崎オーシャンパークへ行ってきました♪

今回は、先日、4月1日、グランドオープンした南伊豆町の

「石廊崎オーシャンパーク」へ行ってきました。

 

以前は駐車場から石廊埼灯台まで徒歩約30分かかっていたそうですが、

現在は、灯台まで徒歩約5分で行けるようになりました。

 

今まで何となく、石廊埼灯台、そして、先端まで行くのに一苦労!

というイメージがあったのですが、若干、上り下り、階段(一部、急な場所も)はあるものの、

歩道も整備され、灯台、そして、伊豆半島の先っちょまで行きやすくなりました。

 

あ、ちなみに石廊崎には「石室神社」と岬の最突端に「熊野神社」があります。

「熊野神社」は縁結びの神様としてしられているようですよ・・・(^^)

 

オーシャンパークの建物は、広々していて、海側の窓が大きいので、

屋内にいても開放的な雰囲気の中、ゆったりと過ごせます。

 

また、外に出るとウッドデッキになっていて、椅子もあったりと、

屋外で景色を楽しみながら、鳥のさえずりなども聞こえ、

しばし癒しの時間を過ごすことができました。

 

施設の入口すぐには、「南伊豆ジオパークビジターセンター」があり、

ジオガイドの方がいたので、少しお話しをさせていただいたのですが、

南伊豆の自然、そしてジオガイドさんの経験談など興味深いお話しを

聞くことができ、楽しかったです。

時間があれば、ジオツアーにも参加したかったのですが、、、それは次回に♪

 

そして、施設内軽食コーナーには、ユニークな名前のついたメニューがあり、

訪れた日も、多くの方が、こちらでお食事をしていました。

 

伊豆半島は、1日で周れるほど小さな半島ですが、西伊豆から南伊豆へ

行く道中、素晴らしい景色と立ち寄ってみたい場所が多くありました。

ジオガイドの方も見所が多いと話していました。

そんな見どころ多い伊豆でも、ぜひ、見ていただきたい場所の一つが、

今回訪れた石廊崎です。

 

ぜひ、伊豆半島最南端の先っちょに立って、そのあと、ジオパークビジターセンター

の伊豆半島の地図でご自身が立たれた場所をご確認ください(^^)

 

Irouzaki Ocean Park has just opened on April 1, 2019 in Minamiizu town.

You can take a rest and have lunch there, and it takes about 5 minutes

to go to Irouzaki Lighthouse.

AND you can stand up at the southernmost point of Izu Peninsula!!!

 

 

【石廊崎オーシャンパーク】

《住所》静岡県賀茂郡南伊豆町石廊崎546-5

    ※当館よりお車で約60分

《施設概要》

<駐車場>乗用車100台/大型バス10台(乗用車500円、大型バス800円、バイク100円)

<休憩所>休憩スペース60席、ジオパーク案内、観光案内、公衆トイレ等

《営業時間》

<施設>8:30〜17:00(4/1〜9/30)

<石廊埼灯台敷地内開放時間>9:00〜16:30(4/1〜9/30)

<駐車場>8:30〜17:00(4/1〜9/30)

10/1以降の時間他詳細は・・・石廊崎オーシャンパーク(南伊豆町観光協会)

 

※下記画像全て2019年4月7日撮影。

県道16号線沿い大きな看板が目印。道路も新しくドライブが気持ちよかったです。

 

石廊崎オーシャンパーク入り口。全体的に広々して気持ち良い空間です。

 

入口からすぐの場所にあります。

美しい海で有名な「ヒリゾ浜」の魚やサンゴについての展示もありましたよ!

そして地図を使いながらのジオガイドさんのお話が面白かったです。

 

休憩所内。こちらも広々開放的!窓が大きいので景色も楽しめます。

※施設内、もっと明るいのですが、外の風景を写したくて、屋内が暗くなってしまいました。。。

 

灯台敷地内は開放中。その前に、手前の木が気になって仕方ありませんでした。

これぞ「自然の造形美」

 

ちょっとドキドキしながら撮影した石廊崎最突端。ここが伊豆半島の先っちょです。
縁結びの神様として知られる「熊野神社」があります。

 

伊豆最南端、先っちょまで行けるのですが、私はここまででした!

あ〜縁結びの神様・熊野神社目の前にして・・・

 

この階段を下りないと伊豆半島最南端のポイントへは行けません。

急な階段で、こちらもドキドキしながらでしたが、下りてきてよかったです!!!

 

こじんまりとした可愛らしい灯台でした。

 

<塩゛ソフト>。これなんて読むか知ってますか?<ジオソフト>です(笑)

最初、<゛>に気づかず・・・しかも、南伊豆産、下賀茂温泉で取れる天然塩をかけるのを忘れ・・・。

予習していったつもりが、、、近々、リベンジに行きたいです(笑)

 

ウッドデッキに置いてある椅子。座り心地よくて、しかも風が爽やか、緑も美しく、

鳥のさえずりまで・・・最高の癒しの時間でした。

 

 

ウッドデッキ。ぜひ、ここで一休みしてください(^^)

 

西伊豆から石廊崎へ向かう途中、マーガレットの無料花狩りができると聞いて行ってきました。

南伊豆町伊浜地区のマーガレット畑。国道沿いにピンクの旗「花花花」が目印です。

料金は無料ですが1人10本まで!です。

詳細は・・・伊浜マーガレット狩園(南伊豆町観光協会)

 

マーガレットの花言葉「恋占い・真実の愛・信頼」

そして、マーガレットは花びらが散らずに残る性質を持っていて、「落ちない花」

として、最近では受験の縁起物とされているようですよ(^^)

 

右側青い囲いがマーガレット畑。ホントに小さな畑です。

 

あいあい岬から見る南伊豆の荒々しくも美しい景色。

 

みなみの桜で有名な青野川沿い。みなみの桜並木よりも河口には美しい桜並木が。

訪れた時は、まだ見ごろになっていなかったので、これからお花見にいいかもしれません。

 

 

 


1年ぶりに行って来ました伊豆半島ジオパークミュージアム<ジオリア>

木曜日、カヤックでジオツアー!に参加する予定が、海が荒れていたため、

キャンセルに!自然には敵わないです。

 

でも、今回のブログは「ジオ」と決めていたので、どうしよう・・・と思っていたら、

ヒラメキマシタ!(^0^)

お天気に左右されない<伊豆半島ジオパーク巡り>(^^)

 

伊豆半島ジオパークミュージアム『ジオリア』です。

久々に行って来ました〜。

先日、ユネスコ世界ジオパークに認定されてからは、初めての見学でした。

 

 

ジオリアでは、伊豆半島の成り立ち、地質、生物等々、映像、画像、説明文など

様々な方法で紹介しており、小さなお子様からご年配の方まで楽しく学べます。

また、普段行くことができない場所を空撮映像で見ることもでき、新鮮でした。

 

 

地質学、生物学とか耳にすると、自然に耳が塞がってしまいますが(個人的には・・・)、

ジオリアの展示物やジオガイドの方々の話しを聞いていると、分かりやすいので、

自然と頭に入るというか、イメージが湧くというか、、、もっと知りたい!と

興味が湧いてきます。時々、地質について質問なんかも浮かんだりして・・・(笑)

 

日本ジオパークネットワークのサイトを見ると、

「ジオパークとは、「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを

 組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味し、地球(ジオ)を学び、丸ごと楽し

 むことができる場所をいいます。」

と書かれています。

 

まさに身を持って体感しております!(笑)

 

今回訪れた<ジオリア−GEORIA−>は、伊豆市修善寺にあります。

これから西伊豆を訪れる皆様、ぜひ、修善寺の<ジオリア>で楽しく、

伊豆半島について学んでから西伊豆へ来て実物を見てみてください。

太古の昔、火山の噴火の名残など、間近で見ることができますよ。

より深く伊豆半島を理解し、楽しめると思いますよ〜♪

夏休みの自由研究とかにもよさそうです(^^)

 

 

現代に生きる私たちが、素晴らしい伊豆半島の自然をを未来へ引き継ぐために、

そして、もっともっと多くの方に伊豆の魅力を知ってもらうために、

これからも多くの事を学ばなければ〜と思いました、楽しみながら・・・(^^)

 

 

詳細は・・・伊豆半島ジオパークミュージアム<ジオリア>

 

 

I went to Izu peninsula geopark museum, GEORIA, in Shuzenji, Izu-city.

You can see a movie, "the geo history of Izu peninsula" and etc, etc, etc...

My recommendation is, stopping GEORIA first, then come to Dogashima,

You may understand deeper about the nature of Izu peninsula.

 

 

今回、事前に確認をし、館内の写真を撮らせていただきました。

館内展示の中でも映像、創作物については、撮影不可の場所がありますので、

写真を撮影する時には、事前に係りの方に確認してください。

ジオリアは、修善寺総合会館内にあります。

正面、階段を下りると、ジオリアの入り口があります。

 

伊豆半島の歴史巡りのスタート地点。暗くて分かりにくいのですが、右側に椅子が

ありますが、ここに座って伊豆半島の成り立ちを映像で見ることが出来ます。

 

ユネスコから発行された「UNESCO GLOBAL GEOPARKS」の証明書。

他の展示物に夢中になり、とりあえず写真だけ!で、あとで、しっかり見るの忘れた〜!

と後悔しました。(笑)

 

顕微鏡で石を拡大してみることが出来る顕微鏡コーナーがあったり、↑↑↑

水理模型で、川の流れによる地形の変化など見ることができたり、楽しめますよ。↓↓↓

※水理模型実験は時間が決まっているようなので、確認してくださいね。

 

 

 

 

 


祝・ユネスコ世界ジオパーク認定

『自然が作り上げたものこそが美しい。我々はそこから発見するだけだ。』

 

スペイン、バルセロナのサグラダ・ファミリアで有名なアントニ・ガウディの言葉です。

 

西伊豆の風景を見ていると、時々、ガウディの言葉と建築物を思い出します。

 

西伊豆の海岸線の島や岩は、西伊豆特有の荒波と強風に削られ、

何とも言えない形、層を生み出し、美しく、芸術的な風景を造りだしています。

 

美しい自然広がる堂ヶ島を含む「伊豆半島ジオパーク」が、

2018年4月17日、ユネスコ世界ジオパークに認定されました。

認定されたことによって、多くの方に西伊豆の魅力を知っていただけると、

嬉しいなと思っています。

 

今回は、以前訪れた堂ヶ島界隈のジオサイトのご紹介をしたいと思います。

これからの季節、そして、ゴールデンウィークのご旅行にお役にたてたら嬉しいです。

 

Izu Peninsula Geopark is designated as UNESCO Global Geapark on April 17, 2018!

 

三四郎島とトンボロ Sanshiroujima island and Tombolo

 

遊覧船から見る伝兵衛島<通称・象島>  Zoujima(shape like an elephant) from the boat.

 

岩肌の模様、層、形、色合い等、見ていて見飽きないです。不思議で面白い!

枯野公園 Kareno Park

 

沢田公園 Sawada Park

 

遊覧船から見る堂ヶ島の海岸線 Dogashima coastline from the boat.

 

浮島海岸 Futou beach

 

田子瀬浜海岸 Tago Sebama beach

 

黄金崎・馬ロックと富士山 Cape Koganezaki, Horse Rock and Mt. Fuji.

 

 

 


ジオリア(GEORIA)と二つのビジターセンター

伊豆市修善寺にある「伊豆半島ジオパークミュージアム・ジオリア」へ行ってきました。

 

友人とランチの後、観光資料などを求め、修善寺総合会館内にある伊豆市観光協会へ。その後、帰る予定が、伊豆半島同様「南から来た・・・」の如く、何かに吸い寄せられるようにふらりと立ち寄ったのが「ジオリア」でした。(^^)

(西伊豆は、修善寺より南になるので、ちょっと伊豆半島にかけてみましたが、分かりにくかったですね・・・^^;)

 

当日は、時間があまりなかったので、じっくりとは見学できませんでしたが、映像、写真などビジュアルで楽しめ、実際、展示物に触れることもでき、説明も文字と音声で分かりやすく、プロジェクションマッピングでの展示などもあり、小さなお子さんからお年寄りまで楽しめそうでした。

 

以前、西伊豆ジオツアーに参加したことがあり、その際、少しジオパークの事を学んでいたので、ジオリアの展示は、ジオツアーで目にした海底火山の名残りなど、実際、西伊豆で見たジオの景色とリンクし、興味深かったです。

昔から見慣れた風景であり、日常の中で常に目にしていた風景が、実は、〇〇万年前の名残りだったなんて、古い言い方かもしれませんが、「ロマンを感じる」って思いませんか?

 

今回、ゆっくりできなかったので、近々、「ジオリア」を再度訪ねてみたいと思っています。そして、もう一度、ジオ探検をしてみようかと・・・。ちなみに、「ジオリア」、入場無料です。嬉しい・・・。

 

そして、伊豆半島ジオパークのビジターセンターが西伊豆町と松崎町にもあります。

西伊豆町は、黄金崎にある「こがねすと」の一角にコーナーがあります。そして、松崎町は、「明治商家・中瀬邸」内の立派な蔵造りの建物にビジターセンターがあります。

松崎町については、無人のビジターセンターになっているので、詳しい事を知りたい場合、下記松崎町役場・企画観光課へお問合せください。

 

ジオリア、そして各ビジターセンターは、気軽に立ち寄れる場所にあり、しかも入場無料!お子さんの自由研究等に役立ちそうな展示など盛りだくさんです。アイディア、モクモクと湧いてきそうですよ(^^)

今年の夏休み、伊豆へお越しの際は、ぜひ、立寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 

I visited the Izu Peninsula Geopark Museum, GEORIA in Shuzenji, Izu City.

It was interesting, you can see the geohistory of Izu Peninsula, you can touch some display itmes..etc.

I think everybody, amongst people regardless of age or gender can enjoy there.

GEORIA is admission free!! If you are interested in Geopark, you must visit!!

 

By the way, there are Izu Peninsula Geopark Visitor Center in Nishi-izu cho and Matsuzaki cho, too.

 

 

 

伊豆半島ジオパークミュージアム・ジオリア

静岡県伊豆市修善寺838-1

修善寺総合会館内

TEL:0558-72-0525

ジオリア・伊豆半島ジオパークミュージアム / GEORIA, Izu Peninsula Geopark Museum

 

伊豆半島ジオパーク、もっと知りたいなら →→→ 伊豆半島ジオパーク

More information : Izu Peninsula Geopark

 

西伊豆ビジターセンター

静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須2169

こがねすと内

ビジターセンター等についてのお問合せ:

西伊豆町役場まちづくり課

TEL:0558-52-1111(代表)

 

松崎ビジターセンター

静岡県賀茂郡松崎町松崎315-1

明治商家「中瀬邸」内

ビジターセンター等についてのお問合せ:

松崎町役場企画観光課

TEL:0558-42-3964

 

ジオリアのパンフレットと伊豆半島、東西南北に分けて、それぞれの地域のドライブマップ。

ジオのモデルコース、所要時間などが掲載されていて、初めての方でも気軽にジオ巡りができると思います。

ジオリアには、写真のパンフレット以外にも、色々な資料が置いてありましたよ。

 

「こがねすと」の一角にある「西伊豆ビジターセンター」コーナー。

黄金崎、馬ロックを見渡せる展望台近くに「こがねすと」はありますよ。

Nishi-izu VIsitor Center at Koganest, Koganezaki!

 

松崎町、明治商家「中瀬邸」内にある松崎ビジターセンター。素敵な雰囲気。

松崎町は漆喰で有名。扉の漆喰が美しく、かっこいいのです!!扉の厚さが・・・すごい。建物も必見です!

Matsuzaki cho Visitor Center, Nakaze-tei in Matsuzaki. Beautiful plaster work on the door of entrance.

 

中瀬邸の目印は、この時計台。明治商家・中瀬邸は、那賀川沿い、松崎町役場近くです。

 

昨年2月、西伊豆ジオツアーに参加した時の写真。自然が造りだす造形美、不思議で、面白い!

海底火山噴火による地層、火山灰層、火山弾の痕跡、柱状節理等々、特に堂ヶ島近辺、いたる所でご覧いただけます。

Sawada Park in Nishi-izu cho.

 

 

 

 

 


それは南からやって来たのです・・・

それは、遠く、南からやって来たのでした・・・。
「それ」とは、伊豆半島の事です。伊豆半島は、遠く南の海底火山から始まったようです。そこから火山活動を開始し、フィリピン海プレートの移動で1年に数センチずつ移動し、約60万年前、日本の本州に衝突し、現在の伊豆半島が誕生したそうです。

伊豆半島に生まれ、早○○年ですが、伊豆半島の成り立ちなど気にしたこともなく、独特な海岸線もただの遊び場、磯遊びの場くらいにしか思っていなかったのですが、南からやって来た!などと聞くと、壮大なスケール感漂う「伊豆半島物語」に興味が湧いてきました。ここ数年、「ジオパーク」という言葉を聞くようになり、地元でもジオガイドツアーがあり、そして、先日、ジオパークを学ぶ機会に恵まれ研修会へ参加してきました。

まず、ジオパークとは何でしょう??
「ジオ」とは、「地球」とか「大地」と言う意味だそうです。
ジオパークとは、地球や大地に関わるさまざまな地層・岩石・地形・火山・断層などを含む自然豊かな場所、「地球の公園」「大地の公園」という事でしょうか。

伊豆半島の始まりは海底火山からだそうで、火山の半島・伊豆半島を裏付ける多くの証拠が西伊豆に残っています。そして、伊豆半島で一番古い地層は、西伊豆町に存在しているそうです。約2000万年前との事ですが、いったい2000万年前って、何年前??なんて思ってしまうほどの年月だと思いませんか。

今回は、ノルディックウォークで堂ヶ島園地から枯野・沢田公園の往復のコースで行ってきました。
コース途中、国道沿いには、堂ヶ島で一番大きいとされている火山弾があったり、白い火山灰を掘り込んだ洞窟内の壁画を見ることができたり、火山の噴火で作られた地層、その他、断層などがあったり、枯野公園と言う場所では、当時、とてつもなく多くの火山弾が降ってきたであろう容易に想像がつく岩肌を目の前にしたりと全行程90分だったのですが、見ごたえ、歩きごたえのあるジオガイドツアーでした。

今回の研修会で面白かった一つに「火山用語」とでも言うのでしょうか。あまり勉強をしてこなかったことを反省しつつ、一生懸命聞いて、ツアーで実物を見て、帰ってインターネットで復習してみました。
「柱状節理」「火山岩頸」「斜交層理」「火山弾」「荷重痕」「水冷破砕溶岩」「水底土石流」「海蝕洞窟」「枕状溶岩」等々。
これらの難しい言葉もジオガイドツアーでは、説明を聞きながら目の前で見ることができ、触れてみたり、その場に立つこともできるので、火山弾とは・・・と、容易に理解できました。ちなみに、上記について興味のある方は、インターネットで調べてみてください。私が説明するより分かりやすいと思います。(^^;

ところで、長い間、忘れていたのですが、20年位前でしょうか、海外の火山学の博士とお会いすることがあったのですが、その方が、堂ヶ島の海に潜って調査をしたと言っていました。潜って海底火山の調査ができるのは、非常に珍しく、堂ヶ島周辺は、学術的にも貴重な場所であるという事でした。今、思うとすごい方から堂ヶ島の魅力を聞いていたにもかかわらず、今まで放置していた事を深く反省しました。(^^;

今回、訪れた場所は、数多くあるジオポイントのほんの一部でしたが、西伊豆には多くのジオポイントがあります。興味はあるけど、どうしたらよいのか?と思われた方は、西伊豆町観光協会やガイドツアー・プログラムなどが利用できる「伊豆自然学校」を訪れてみてはいかがでしょうか。
今後、私も西伊豆のジオポイントを巡り、ブログでも色々な場所を紹介していきたいと思っています。

西伊豆町の観光スポットなら・・・西伊豆町観光協会

ジオガイドツアー、体験プログラムなら・・・NPO法人伊豆自然学校


日本書紀に15代応神天皇の命で巨船建造の記述あり「枯野船」と呼ばれたとの事。その記念碑が枯野公園にあります。


模様と言うか層を見ているだけで面白い。



映画「ガリレオ 真夏の方程式」のロケ地。


沢田公園。下の3枚の写真、同じ敷地内なのに模様が異なっています。



断層が見えます。不思議ですね〜、こんな模様を作りだすなんて・・・。

中央の黒い丸い部分が堂ヶ島で最大と言われている火山弾。


堂ヶ島園地内の砂浜。火山のなごり、黒い砂浜が印象的。


ガイドツアー、ぜひ参加してみてください。
ノルディックウォーキング、初めてでしたが、歩きやすく、始めてみようかな〜と思いました。




 


| 1/1PAGES |

ご予約・空室検索

宿泊日

宿泊人数と部屋数

部屋

宿泊料金

予約変更 予約キャンセル

堂ヶ島温泉ホテルへのお問い合わせ:0558-52-0275

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

ページの先頭へ