松崎<面白い>が詰まった観光案内をご紹介♪

隣町・松崎町で約7年ぶりに復活した「人力車伊豆松崎組」。

人力車を引くのは、昨年、東京から松崎へ移住してきた島川さん。

 

島川さんの人力車、何が面白いって、コースをオーダーメイドできること。

お客様とお話ししながら、コースを決めていくことができます。

 

例えば、旅の醍醐味は<食>という方には、町内の旨い処をめぐる旅!

写真好きには、フォトジェニックな場所を案内したり、ギャラリーなどをめぐる旅!などなど。

 

人力車を始めて、まだ1か月余りということで、まだまだ知らない方も多く、

お話を聞いたら、時々、”流し”をしているとのこと!

 

ちょっと移動したい!と思ったときに、タクシーを拾うのではなく、

人力車を拾う!これ面白い(^^)

ちょっと昔にタイムスリップみたいな・・・

 

 

人と話すことが大好きだという島川さん。

松崎でしか味わえない<人力車の旅>を提供しているようです。

 

食事処、建築物、町並みなどは勿論ですが、島川さんのトーク、

地元の人たちとのふれあいを通して起こるハプニングなどなど。

 

島川さんの人力車の最大の魅力は、、、

ガイドブックだけでは分からない<ディープ>な松崎を味わえる事です(^^)

 

松崎は、のんびりしていてゆったりとした時間の流れる場所。

そして、島川さんご自身もゆる〜い感じの穏やかな方なので、

人力車に乗っての松崎遊覧、癒しの時間となりそうですよ(^^)

 

 

"Jinrikisha" is a small, two-wheeled, cart-like passenger vehicle

with a retractable roof,pulled by one or more person.


Jinrikisha was used before automobiles are widely used.

Today, you can enjoy riding it in sightseeing spots.


Basically, the fare is 2000yen per person for 30 minute sightseeing trip.

However, you can make your own plan with Mr. Shimakawa, also.
It would definitely be a great experience, if you have a chance to ride them!
It must be fun!!!

 

 

【人力車伊豆松崎組】

期間:通年 ※雨天・強風の場合、中止。

時間:9:00〜16:00

   ※事前にご予約されると確実かと思います。

受付:明治商家 中瀬邸 入口付近

料金:所要時間約30分:2000円/人

   所要時間約10分:1000円/人

   その他、ご希望コースなど相談可

詳細:人力車伊豆松崎組(エクスペ)

   島川さん(TEL:090-7705-0768)

 

明治商家中瀬邸がベース基地。邸内には喫茶コーナーもあり、古き良き時代の和室で

ゆっくりとお茶などしながら過ごすこともできますよ。

 

お話を聞いていた時、訪れたご家族連れのお子さんが、「乗ってみたい」ということで、、、

とても喜んでいました(^^)小さな僕、なんか、座っている姿、様になっている・・・(笑)

 

何とも美しい人力車!中瀬邸をバックにしっくりくる風景。

西伊豆を訪れたら、人力車でゆったり松崎観光、いかがですか!!

 

料金メニュー。島川さん、ほんわか楽しい方なので、

お話ししながら観光を楽しめると思いますよ(^_-)-☆


期間限定☆西伊豆旅行のお土産にいかがですか♪

西伊豆町の隣町・松崎町は、「桜葉」の生産が全国シェアの7割を占める

「桜葉の町」として有名です。

 

そして、「桜葉」と言えば松崎のお土産として有名なのが「桜葉餅」!

「松崎出身」と言うと、「桜葉餅」美味しいようね!と言われるほど!

 

そして、そして、「桜葉餅」と言えば「梅月園のさくら葉餅」と言われるほど、

「桜葉餅」の草分け的存在が、今回お邪魔した「梅月園」さんです。

 

今年、創業87年の梅月園さん。

昔から長い間、松崎の手土産として知られているのが「さくら葉餅」の他に

「松かさ最中」「マーガレットライン」。そして、贈答品などには「長八の龍」!

誰もが知っている定番のお菓子です。

 

特に松崎出身の左官職人・入江長八と長八の代表作・龍が名前の由来になっている

「長八の龍」は、ちょっと特別な時に手にするお菓子で、重厚感と気品漂う和菓子・・・

というのが私個人の中にあり、未だに手に取るのがおこがましいと思える一品なのです(^^)

 

そんな歴史ある梅月園さんで見つけたのが「ハロウィン和菓子」♪

facebookで見つけ、あまりの可愛さに即座にお店に走りました(笑)

生菓子でなければ、友人に送りたい!

ジャック・オー・ランタンが和菓子ですよ!

骸骨やお化けもいます!キュートなんです!

 

ハロウィンは、もちろん!10月限定!

西伊豆旅行のお土産に「さくら葉餅」と一緒に「ハロウィン和菓子」

いかがですか〜(^_-)-☆

 

 

【梅月園 桜田店】
住所:静岡県賀茂郡松崎町松崎149-1
電話:0558-42-0010
営業時間:8:00〜19:00<年中無休>

詳細は・・・菓子処 梅月園

 

 

 

A confectionary, Baigetsuen, is a famous sweet shop in Matsuzaki next to Nishiizu town.

Especially, "Sakurabamochi (Japanese sweets consisting of pink rice cake and red bean paste)"

are wrapped with cherry leaves pickled in salt, is popular.

 

However, I found cute Japanese sweets of Halloween this time!!!

Why don't you get one for Halloween this year!

Trick or Treat!!(^_-)-☆

 

松崎の定番がずらりと並ぶショーウィンドウ!

 

「日本百銘菓」にも選ばれた<長八の龍>!

予約販売なので、どうしても・・・と言う方は事前予約、お忘れずに!

次回、友人宅を訪れる際には手土産として持参しようかと・・・(^^)

 

さくら葉餅。毎年、秋田から伊豆へ来る友人を訪ねる時、お土産は?と聞くと、

必ず「さくら葉餅」のリクエストがあります!

 

今回、見つけたハロウィン和菓子。かわいくて、食べるのが・・・と思っていましたが、

美味しく頂きました(笑) ドクロが逆さなのは、お顔が見えるようになので、あしからず。

 

 

店内、イートイン・スペース。

座ると2月は駐車場の河津桜。春は那賀川沿いのソメイヨシノをご覧いただけます。

そして、お店の周りには田園が広がり、田植えが始まると辺りは緑一色、そして、

秋には美しい黄金色の景色が広がります。

 

駐車場には<河津桜>の木が。道路挟んで川沿いにはソメイヨシノで有名な那賀川が流れています。

 

下田街道沿いのこの看板が目印。

ぜひ、立寄ってみてください(^_-)-☆

 


静岡で一二を争うパワースポット☆柿田川湧水&西伊豆キャンドルナイトは今週末♪

以前、「1/Fゆらぎ」の話しをキャンドルナイトの時にお話ししたかと

思いますが、今回も「1/Fゆらぎ」がキーワードの場所をご紹介。

 

・・・とその前に!

今週末行われる「西伊豆キャンドルナイト2018」のお知らせもありますよ〜♪

 

 

さて、自然界にある様々な音の中で「1/Fゆらぎ」の特性を持つ音は、

川のせせらぎの音、そして、海や湖の波の音だそうです。

 

今回は、「1/Fゆらぎ」にあふれ、かつ地球のエネルギーを直に感じられる

静岡で一二を争うパワースポットをご紹介します。

 

「柿田川湧水」を間近で見られる「柿田川公園」です。

 

場所は、当館からお車で約90分と、決して近いとは言えない場所ですが、

国道1号線沿い、商業施設「サントムーン柿田川」のすぐ側なので、

分かりやすく、アクセスも便利な場所なので、西伊豆へお越しの際、

又はお帰りの際、ぜひ、立寄ってみてください。

 

 

【柿田川公園】
住所:静岡県駿東郡清水町伏見71番地の7(国道1号沿い)
駐車場:50台(有料)

 

 

Kakita-gawa River Park.

Kakita-gawa is one of  the "Three Clear-Flowing Rivers in Japan".

Kakita-gawa is the biggest spring in Asia which has about one million ton

litters of water spring everyday!! Wow!

You can see "the source of life" here!!

 

Seeing is believing.

 

柿田川公園は、清水町の近隣の街の皆さんの憩いの場でもあります。

第一展望台からの景色。

富士山周辺から長い年月をかけて湧出る水は、1日、約100万トン(およそ25mプール2000杯分)

と言われ、Ph7以上のミネラル豊富な水が柿田川から狩野川、そして駿河湾へと流れ込みます。

ミネラル豊富な柿田川の水が、駿河湾の宝石「桜エビ」の生育に一役買っていると言われています。

 

 

第二展望台。美しい青。

湧水が湧出る湧き出し口(湧き間)は必見、特に第二展望台からの光景は神秘的!の一言。
柿田川へ湧出るまでに地下の溶岩等でろ過されてくるので、透明度が高く、
川底の「湧き間」がはっきりと見ることができます。

 

公園内にある「湧水広場」

柿田川の水温は、1年中、ほぼ15度前後。夏は涼を求めて多くの家族連れなどで賑わうそうです。

 

豊富な水量を誇る柿田川の流れはホントに優雅で美しいです。

40年位前までは、ヘドロの川だったことが信じられません。多くの方々の努力でこんなに美しい姿を取り戻し

たそうです。そして、今も、多くの方の努力が注がれています。

公園内、どこを歩いていても水の流れの音が聞こえ、風が吹けば、葉の揺れる音、そして、鳥たちのさえずり。

癒されます。

 

公園内、階段も多くあるのですが、なだらかな階段なので、苦ではありませんでした。

 

訪れたのがランチタイムだったこともあり、広場では、お弁当を食べている方たちも。

憩いの場です。

 

 

そして、今週末、10月6日は、毎年恒例!「西伊豆キャンドルナイト2018」が開催されます。

 

西伊豆町ガラス作家の会のみなさんの作品が、とても美しく、キュートな作品もたくさん。

キャンドルホルダーは必見です!!

 

<西伊豆キャンドルナイト>
日時:2018年10月6日(土)17:00〜20:00
場所:黄金崎クリスタルパーク駐車場内
   ※日没17:23
   ※雨天や荒天時には、17:30よりガラスミュージアム1階にて開催
主催:西伊豆町ガラス作家の会

 

 

 


歴史的建造物と人気ドラマの関係♪

西伊豆町の隣町・松崎町は、昔から港町として栄えた町で、

伊豆西海岸の中心でした。

商業、教育、文化と早い時期に発展していたようで、

町内には、当時を彷彿とさせる歴史的建造物が多く残っています。

 

今回は、その中の一つ、明治商家・中瀬邸をご紹介。

建物は木造建築で、当時のまま残されています。

 

中瀬邸は、呉服商家で財を成した大地主の店舗兼邸宅。

隅々まで洗練された、そして、金額的には豪華すぎるほどの

材質を使った日本家屋。

一つ一つの細工のお値段を現在の金額で聞くと、「え〜豪華絢爛!」と

思う程の額でしたが、木の温もりを感じられる、とても落ち着く空間でした。

 

そして、個人的に気に入ったのが欄間や障子の格子の細工です。

とても美しく、見ているだけで幸せを感じられました(^^)

周りの空気感なのか、中瀬邸周辺は、明治の頃にタイムスリップ

したような、そんな気さえ起きてくる場所でした。

中瀬邸、必見です。

 

ところで、中瀬邸の離れには、松崎町がロケ地となった

ドラマや映画の資料が展示されています。

特にドラマ「世界の中心で愛をさけぶ」は、松崎町内で

撮影され、ドラマで使った小道具の展示もあります。

 

そして、松崎町観光協会には「セカチュー」のロケ地マップが

置いてあります。今も「セカチュー・ファン」がたくさん、

訪れるそうですよ(^^)

ロケ地マップは、当館フロントにも置いてあります。

 

実は、サクのおじいちゃんの葬儀のエキストラとして

参加しました・・・映りませんでしたが(笑)

 

紫陽花の季節になると、何となくドラマを思い出し、

今回も、展示をメインに中瀬邸へ伺ったのですが・・・

すっかり建物に魅了されてしまい、中瀬邸のご紹介になってしまいました。(笑)

 

歴史的建造物、のどかな風景がロケ地として選ばれるのか、

歴史とロケの町・松崎町、堂ヶ島からお車で10分位なので、

ぜひ、立寄ってみてください。

 

中瀬邸のスタッフの方々は、中瀬邸については、もちろんの事、

松崎の歴史にも精通していて、大変興味深い話を伺いました。

 

 

 

There are many historical buildings and places in Matsuzaki town,

next to Nishiizu town.

I visited a beautiful house called "Nakazetei", a merchant house

in Meiji era, the 1800s.

You can see the beautiful Japanese architecture, transom window

and other works of craftsmanship.

 

 

詳細は・・・明治商家 中瀬邸

ロケ地マップは・・・松崎町観光協会

 

重厚な店構えの<明治商家・中瀬邸>

 

廊下からの景色。ゆったりとした時間が流れています。

 

船底天井。離れへの渡り廊下の天井。美しい作りです。

 

中庭。緑も多く、気持ちが穏やかになる空間でした。

 

お昼寝中の猫。呼んでも、呼んでも、起きませんでした。熟睡中(笑)

 

欄間や障子の格子の細工が美しかったです。

 

目を引く欄間と障子の格子。釘など使わずに組み立てているものだそうです。

 

陶器でできている<釘隠し>。大変珍しいものだそうです。

欄間も素敵なんです。一つ一つに細やかさと日本の美徳を感じる装飾品達です。

下世話な話ですが、現在、購入しようとすると、とてもお高くなるとの事。

それほど手間のかかる細工という事なんですね。

陶器の他に、亀さんの<釘隠し>もありました。

 

驚いたのが、火災等から着物や家財道具など守るため、邸内に蔵があり、

通常外壁で見られるなまこ壁が屋内にありました(^0^)

珍しい<黒いなまこ壁>。中瀬邸のなまこ壁は、黒&黒でした。

現在、この黒いなまこ壁、制作不可能との事。なぜならば、黒色にする染料?などが

不明で復元不可能との事。

 

蔵の扉はとてつもなく分厚く、今で言う「防火戸」の代わりも兼ねるそうで、

火災から守るため!を実感。黒くて見にくくてすみません。

ぜひ、実物を見てください。

 

和室は、喫茶コーナーとなっており、お庭を眺めながら、一休みできると思いますよ。

中瀬邸内、至る所に季節の花が置いてあり、癒されます。

今の季節は、やっぱり紫陽花です。

 

以前にもご紹介しましたが、中瀬邸の一角には<伊豆半島ジオパーク・松崎ビジターセンター>

があります。ここの扉にもぜひご注目していただきたいです。

美しさと重厚感が何とも言えません。

 

ぜひ、ロケ地巡りしてみてください(^^)


水仙まつり開催中の爪木崎へ行って来ました!

日曜日、水仙まつりが行われている下田の爪木崎へ行って来ました。

当日は、お天気にも恵まれ、マフラーもいらないくらいの陽気でした。

 

ピーク時には約300万本の野水仙が咲き誇り、可憐な水仙の白と黄、アロエの赤、

青い空と海、緑の木々、そして白い灯台の美しい光景が広がります。

 

久しぶりの爪木崎、「ジオサイト」を学んだ後、初めて訪れたのですが、

何とも興味深い場所でした。

水仙を見に行ったつもりが、海岸線など地形、柱状節理等々に見とれてしまい、

水仙の写真をあわてて撮ったりして・・・(笑)

 

爪木崎灯台へは、初めて行ったのですが、何とも美しい、

真っ白な灯台で、思わず見とれてしまいました。

もちろん、野水仙がメインなので、写真、しっかり撮ってきましたよ!

 

遊歩道を簡単に巡り、野水仙の群生地、爪木崎灯台を散策し、

原始の風景?と思えるような、手つかずの自然の海岸線を堪能してきました。

海も澄んでいてとてもきれいで、当日は、伊豆七島がくっくりと見えていました。

 

風もなく穏やかな散策日和でした。

「水仙まつり」は、2月10日まで。

皆さま、ぜひ、訪れてみてください!

 

 

【下田爪木崎 水仙まつり】

 

期間:2018年2月10日(土)まで

場所:爪木崎野水仙群生地

駐車場:有料

 

詳細:下田市観光協会

 

 

 

Went to the flower festival of narcissus at Tsumekizaki, Shimoda.

It was so beautiful and it is the best time to see now!

 

 

 

2108年1月7日撮影。

アロエの数にもびっくり。赤がアクセントで効いています。

 

丘の斜面にもたくさんの水仙が咲いていました(^^)

 

白と黄色の水仙の花、アロエの赤、青い空と海、そして緑と彩り豊かな光景が広がります。

 

 

伊豆七島、何島でしょう?ご覧いただけますか???

 

アロエも見頃ですよ〜!この風景も爪木崎です。

 

「火山の贈りもの・伊豆半島ジオパーク」そのものの風景が広がります。

 

海がきれいでした。底が見えるくらい澄んでいるんですよ。

 

海底火山のなごり・柱状節理。はっきりと見ることが出来ます。

ちなみにトンボロ現象でお馴染みの三四郎島の象島でも見られますよ!

 

遠くに伊豆七島が見られます。灯台も絵になります。

 

真っ白!姿が何とも美しい爪木崎灯台。


前から気になっていた☆中伊豆ワイナリー☆へ行って来ました♪

先日、以前から気になっていた中伊豆ワイナリーへ念願叶って行って来ました!!

当日は、快晴!ワイナリー日和とでも言いましょうか、素晴らしい一日でした。

 

今は、ぶどう畑、枝の剪定も終わり、丸裸状態でしたが、広大な土地、広々していて、

富士山も見ることができ、風もなく気持ちよかったです。

 

春から夏にかけてのぶどうの葉が生い茂り、実もなっている頃の景色をぜひ見たいと

思いました。来年、必ず戻って来る!とひそかに誓いました(^^)

 

ぶどう畑を見学し、その後、地下にあるワイン蔵へ行き、

ワインについて説明を聞きながら巡ってきましたが、奥が深いです。

 

印象に残っているのは「美味しいワインは美味しい葡萄から作られる」との言葉。

単純明快ですが、美味しい葡萄を作るために、大変な努力されている作り手の思いも

含めてワインを味わってみようかと思いました。まだワイン初心者ですが・・・。

 

昼食は、牧場に面したレストラン・ステーキハウス「マーベリック」でステーキ!

結構なボリュームだったのですが、あっという間に平らげてしまった・・・(^^;

美味しかったです。

 

食事場所は、屋外なのですが、ストーブがあり、温かく、

ひざ掛けも用意されているので、寒さを感じる事無く食事を楽しめました。

 

その後、ワイナリーへ来たというのに、内心、一番の目的であるお馬さんに会いに行きました。

「ワイナリーヒルズランチ」では、乗馬体験はもちろん、お馬さんに触れることもできるのです。

ウエスタン乗馬体験で、カウボーイに挑戦してみませんか?!(^_-)-☆

※乗馬体験の条件等ご確認くださいね。

 

こちらのお馬さん、アメリカンクォーターホースという性格も穏やかな品種だそうです。

触らせていただいたのですが、ホントにおとなしく、愁いのある目で見つめられた時には、

抱きしめたくなるほどでした(笑)

ただ、お馬さんも人間同様、時には気持ちも揺れ動くので、お馬さんと触れあいたい時は、

必ず係りの方に確認してからにしてくださいね(^^)

 

楽しい時間を過ごした中伊豆ワイナリーは、堂ヶ島からお車で約1時間半位。

ワイナリーからお天気が良いと富士山を見ることができますが、富士山を除くと

ここは海外?と思うような風景が広がります。

 

中伊豆ワイナリー、大人だけでなく、お馬さんもいるので、ご家族連れでも十分

お楽しみいただけると思います。

ぜひ、堂ヶ島へお越しの際、またはお帰りの際、立寄ってみてはいかがですか?

 

修善寺駅から送迎バスが出ているので、電車でお越しの方は、バスをご利用されれば、

ご昼食にワインとお料理をお楽しみいただき、修善寺からバスで堂ヶ島までなんてできますよ(^0^)

 

 

I went to Nakaizu Winery last week.

It was a beautiful place and I could see Mt. Fuji.

People who love wine enjoy this place, of course!

But! children also can enjoy there because there is a horse ranch!

You can ride, touch, and take a photo with horses(^^)

 

In Izu, you can enjoy both the ocean and the mountain in a day in winter, too!!

 

 

 

中伊豆ワイナリーについてはHPをチェックしてみてくださいね↓↓↓

中伊豆ワイナリーヒルズ Nakaizu Winery Hills

 

広々していて気持ちよかったです!遠くに富士山も♪春から夏にかけて、また来てみたいです。

 

一番上に鐘があり、自由に鳴らせますよ。当日もおじいちゃん、おばあちゃんが

鳴らしていました。

 

ぶどう畑、今はこんな感じです。想像してみてください、緑の葉に覆われたぶどう畑を(^^)

 

静寂漂う・・・なぜか、地下では小声になってしまいますが、静けさが何となく居心地よかったです。

 

ワイナリー敷地内。穏やかな時間が流れていました。

 

ステーキハウス「MAVERICK」。今年8月にできたばかりとの事。美味しかったです(^^)

 

手作りの遊具も!結構、難しいらしいです、輪投げ!

 

西部開拓時代の雰囲気漂うワイナリーヒルズランチのオフィス!

 

厩舎で休憩中のお馬さん。かわいい!名前が・・・忘れてごめんなさい。

係りの方曰く、とても人懐こいとの事。こんな感じで間近で見られますよ。

 

これから装具をつけて活動開始!というところですが、お天気がよく、目がとろ〜んとして、眠そうでした。

とても美し姿!白馬です!とにかく、当日お会いしたお馬さん、みなさん穏やかでした(^^)

 

カウボーイになってみたい!と初めて思いました(笑) かっこいいですよね!

今回は、乗馬体験はせず、お馬さんと触れ合うだけでしたが、次回は、体験しようと思っています、引き馬で(笑)

 

日本在来馬の一種・対州馬(たいしゅうば)の優香ちゃん。

太陽の光で黄金色に輝く鬣を見ていたら・・・思い出しました!この方を! ↓↓↓

西伊豆のお馬さん・馬ロック。中伊豆でお馬さんたちと触れ合ったら、西伊豆のパワースポット・

黄金崎へ馬ロックに会いに来てください(^^)

そして、一日の終わりは、こんな感じでいかがでしょうか・・・。西伊豆の夕暮れ時。

夕景、富士山の写真は、中伊豆ワイナリーからの帰り道、撮影しました。

夕陽に照らされたほんのり赤くなった富士山。きれいでしたよ(^^)

伊豆の醍醐味!海と山を一日で存分にお楽しみいただけます。富士山も見る場所によって異なる顔を見せてくれます。

ワインに舌鼓、お馬さんと触れ合う、夕陽を眺める、富士山を愛でる、そして温泉で一息、海鮮を味わう!

楽しみ方いろいろ!西伊豆への旅、いかがですか!!

 

 

 

 


花とロマンの里☆日本で最も美しい村♪

下田、伊豆市土肥に続く【近くの街シリーズ】第三弾!

今回は、西伊豆町のお隣の町・『花とロマンの里・松崎町』です。

現在では、『日本で最も美しい村』連合の一員でもあります。

 

そして、松崎と言えば『なまこ壁』を始めとする『漆喰』が有名です。

なまこ壁造りの建物が今でも多く現存し、かつ、なまこ壁、漆喰鏝絵といった

細工が得意であった名工(左官職人)の入江長八が松崎の出身でもある事が、

松崎を『なまこ壁の街』として有名にした理由の一つでもあります。

また、町内には長八が残した数々の作品があり、重文岩科学校、長八美術館、

浄感寺等でご覧いただくこともできます。

 

町内には古い建物が多く点在し、神社・仏閣も多く、昔懐かしい風景が残り、

穏やかでゆったりとした時間が流れています。

そんな雰囲気からか映画、ドラマ、CM等多くの作品のロケ地でもあります。

 

とてもコンパクトな町なので散策がてら歩いて巡るもよし、

又は、町内にあるレンタサイクルを借りて回るもよし、

自然と歴史的建造物、美術品をゆったりと堪能できる街、それが松崎です。

 

松崎の見どころは多々ありますが、今回は、松崎町観光協会周辺を中心に散策してみました。

 

 

I visited Matsuzaki, a town next to Nishiizu-cho.

Matsuzaki is a small town, but there are many historical places

and buildings. This place is a birthplace of Chohachi Irie who

was an artisan of plasterwork, and his museum is in town.

 

Matsuzaki has historic and cultural resources, and of course,

has rich nature as well.

 

Why don't you visit Matsuzaki next time!?

 

 

松崎の観光をするなら、最初に観光協会へ。見やすく楽しい散策マップがあります。

常駐ではないのですが、松崎を知り尽くしたおじさんもいるので、松崎観光の際は、

ぜひ、訪れてみてください。建物も素敵なんですよ。

なまこ壁の街ならでは!松崎町観光協会の入り口。

The entrance of Matsuzaki Town Tourist Association.

 

観光協会でもらえるパンフレット。松崎は、映画、ドラマの撮影にもたびたび使われます。

その代表がドラマ「世界の中心で愛をさけぶ」です。実は、エキストラとして参加したことが・・・(笑)

 

なまこ壁通り沿いにある憩いの場。Small park arong the Namako-kabe street.

 

なまこ壁通り。奥に見えるのは『浄泉寺』。絵になる風景です。

beautiful plasterwork of "Namako-kabe".

 

なまこ壁の橋・ときわ大橋。観光協会から松崎海岸方面へ向かうとありますよ。

The bridge, Tokiwa Oohashi, you can see another plasterwork, too.

 

観光協会からときわ大橋を渡ると見えるのが時計台。The clock tower, a symbol of Matsuzaki.

ここに中瀬邸と伊豆半島ジオパーク松崎ビジターセンターがあります。

 

明治時代、呉服商家として建てられた中瀬邸。とても美しい建物です。そして、ここには、伊豆ジオパーク・

ビジターセンターあり、入り口の戸の漆喰が素晴らしいのです。ドアの厚さにも注目。

The Nakaze House was built in the Meiji Period. Izu Geopark Visitor Center is here, too.

 

中瀬邸裏には、小さいながらも美しい庭園が見られます。The garden of the Nakaze House.

中瀬邸の近くには、お食事処など飲食店も多いんですよ。

そして、今回立ち寄ったのが、中瀬邸のお隣り?松崎海岸方面へ少し歩いた場所にある『ル・グッテ』さん。

ル・グッテさん、小さなお店なんですが、イートインスペースもあるんですよ。

営業時間:金、土、日 10:30〜17:00 連絡先:0558-42-0129

Le Goutter. Open: Fri, Sat, Sun 10:30 to 17:00, Phone:0558-42-0129

 

ル・グッテさんの店内。インテリアもかわいく、店内に流れている曲もおしゃれで、とっても落ち着く場所です。

散策でちょっと疲れたので一休み・・・なんて、いかがでしょうか。癒されます。お一人様で気軽に立ち寄れる

雰囲気。そして、店内には絵本などもあるので、お子様連れのお客様も楽しめると思いますよ。

Take a rest at a cozy place and have a coffee break with lovely sweets!!

 

常に店頭にある菓子は、カヌレ、シュークリーム(写真)等。ル・グッテさんの定番は、カスタードプリン。

お伺いした日のメニューは・・・↓↓↓

何と言っても今の季節のオススメは・・・旬の和栗のモンブラン、アップルパイ、スイートポテトパイ等々。

 

ワンコインプレート(500円)をいただいてきました。今日のメニューは、カヌレ、スイートポテトパイ他と

コーヒーのセット。(内容は日によって異なります。)

カヌレのカリッ&しっとり食感、スイートポテトパイのスイート&サクサク感!美味しくいただきました。

特に余分な甘みがなく、「自然な甘味」的なす〜っと体になじむ甘味感と生地の美味しさに、

また食べに来たいと思いました。

"Today's one coin plate" is Canele, Sweet potato pie, and Ice cream with a cup of coffee. (^^)

 

松崎町にはその他にも岩科地区にある、明治13年完成、伊豆地区最古の小学校。

明治の文明開化の香り漂う和洋折衷の建物。国指定重要文化財。(ここにも長八の作品があります。)

National important cultural properties:Iwashina School.

長八美術館。多くの作品を所蔵、展示しています。Chohachi Irie Art Museum.

 

町内には伊那下神社を始めとする大きな神社・仏閣から瀬崎神社(写真)のような小さな神社まで、

多くの神社・仏閣が点在します。(ここもドラマで使われた場所なんですよ。)

There are many shrines and temples in Matsuzaki.

 

そして、松崎と言えば、那賀川沿いの田んぼをつかった花畑と桜並木。西伊豆エリアの桜の名所です。

In Spring.

 

いかがでしたでしょうか。今回は、松崎のほんの一部のご紹介でしたが、当館からお車で約10分弱、

小さな町ですが見どころいっぱいの松崎、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

小さな町なので、レンタサイクルを利用すると便利かも!

レンタサイクル-(有)一瀬モータース-(Rental bicycle, Ichinose)

電動アシスト付自転車の貸し出し

料金:2時間 540円/ 1日 2160円

時間:8:30〜18:00

連絡先:0558-42-3100/090-7039-9333

 

電動じゃなくてもリーズナブルがいい!と言う方には、自転車(ママチャリ)の貸出を

行っている店舗もあるようです。

詳しくは、松崎町観光協会でお尋ねください。

 

 

 

 


11月です!先週末、修善寺へ偵察?に行ってまいりました(^^)

今日から11月ですね〜!早いですね〜!

毎年恒例の家族からの年賀状作成、早々と依頼を受けてしまいました(笑)

 

ところで、今年は、ぜひ、修禅寺の紅葉が見たい!と友人と誓いを立てたので?!

早速、先週末、修禅寺界隈、修善寺温泉街へ偵察?に行ってまいりました。(^^)

 

ちょうど「菊飾り」が行われており、色とりどりの菊の鉢植えが、温泉街、

修禅寺に飾られていてきれいでしたよ。

 

修禅寺のもみじはと言うと・・・まだまだ緑美しくといった感じで、

紅葉の季節と言うより、新緑の季節?と勘違いするほどでした(笑)

訪れた日は、お天気がよく、最高の一日でした。

 

 

さて、明日2日から3日にかけては、堂ヶ島のある西伊豆町、お隣の松崎町、

そして南伊豆町の各地区で秋祭りが行われます。

3日から三連休と言う方も多いかと思います。

ローカルなお祭りですけど、結構、楽しめると思いますよ!!

 

 

Wating for autumn leaves!!

I went to Shuzenji for chacking autumn leaves,

but leaves were still green last Friday...

However, it was a beautiful day and the chrysanthemum festival is being held now.

Can't wait to see autumn leaves at Shuuzenji temple!!(^^)

 

 

修禅寺。最近、お気に入りの場所です。少しですが、葉が色づいてきていました。まだ緑です。

Beautiful and peaceful place, Shuuzenji temple. One of my favorite place.

※写真は全て2017年10月27日撮影。

修禅寺の手水舎。行かれた事のある方はご存知かと思いますが、他の手水舎とちょっと違うんですよ。

ぜひ、行って確認してみてください。(^^)

"Temizusha (purification trough)" for washing hands and rinse mouth.

 

ちょっとだけ色づいています(^^)

 

修善寺温泉街『菊飾り』は、11月14日まで。

『菊飾り』の後は、もみじまつり!また、紅葉情報、お知らせしますね。

 

修善寺温泉街を散策していると、一休みできる気持ちよさそうな空間も!

 

ちなみに・・・10月26日もお天気が良く、ドライブがてら黄金崎に立ち寄り、久々、馬ロックと

ご対面してきました。富士山もみられましたよ。

相変わらず愛らしい顔をしている馬ロック。海も美しく、富士山も奥にご覧いただけます。


山葵・ワサビ・wasabi

ご存知でしょうか、静岡のワサビについて、栽培面積と産出額が全国で1位という事を。

 

ワサビはご存知の通り、きれいな水が命。

そして、夏でも涼しい場所が適していると言われています。

 

ワサビが育つ水温は12〜13度と言われ、年間を通して水温差がない場所が

適しているとされ、県内、主な産地は、天城山周辺、富士山の湧水に恵まれた

御殿場、小山町、南アルプスを水源に持つ安倍川、大井川周辺の県中部地域なのですが、

堂ヶ島のある西伊豆町でもワサビ栽培が行われているんですよ。

 

町を流れる仁科川は、天城山に降った雨、雪解け水が源流となっており、

水量が豊富で、上流は、水が冷たく、澄んでおり、ワサビ栽培に適した

土地だったため、かなり昔からワサビ栽培が行われているのだそうです。

西伊豆は、海だけでなく、川の水もキレイなのです(^^)

 

ところで、ワサビの辛味成分は、医学的にも期待されているようで、主な機能性として、

抗菌・抗カビ、抗虫、抗ガン、血栓予防、消化管吸収促進、骨増強作用等々。

 

静岡県立大学では、静岡の名産の一つ、お茶とワサビの相乗効果についての研究がされ、

「がん」への予防効果が高まると期待されているとか。

 

今では、ワサビは、日本だけでなく世界中から注目されている食材です。

海外で「Wasabi」で通じるのです。

現在では、お刺身だけでなく、ステーキ、うなぎ等にワサビ、天ぷらに山葵塩、

そして、柿の種、おせんべい、ラスク、ポテトチップなどのワサビバージョンも

多々発売されており、海外の友人たちにも人気です。

 

ところで、静岡県では、6月第3日曜日が「わさびの日」なんですよ。

そして、今年、静岡県のワサビ栽培が「世界農業遺産」へ申請されると、

先日、新聞の記事を読みました。

 

西伊豆や近隣の伊豆市、河津町などでは、ワサビ漬け作り体験、
中には、ワサビ田を見学させてくれる所もあるので、
次回、伊豆旅行計画の際、行先によってプランに入れてみてはいかがでしょうか(^^)

 

 

**静岡県のホームページを参考にさせていただきました。

 

 

Shizuoka prefecture is famous for the land area planted with "Wasabi"

is ranked the best in Japan.

 

Wasabi is very famous in the world now and is known for having natural infection-fighting properties.

It's also said there are some benefits as helping prevent cancer, fighting off bacterial infection,

and reducing a risk of cardiovascular diseases...etc.

 

Wasabi has been in cultivation for many years in Nishiizu town, too.

You can see Wasabi farm if you can, but advanced reservations are required! 

 

 

伊豆旅行の友人が「わさび漬け作り体験」をしたいとの事で、体験しに行ってきました。

風は何となく秋の気配、でも夏の雲がもくもくと、暑い日でした。。。

 

「わさび漬け作り体験」の様子。Making Wasabi zuke exprerience.

 

以前、見学したワサビ田。Wasabi farm.

 

売店で販売中の「わさび」関連商品の一部。Wsabi products, you can buy them at our shop.

 


伊豆の玄関口・伊豆ゲートウェイ函南

先日、今年5月にオープンした道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」へ行ってきました。

 

見た目、こじんまりとした感じなのですが、足を踏み入れてみると開放的で、

第一印象は「気持ちの良い空間」でした。

 

サイクリングをされる方にも優しい設備がそこかしこに。

最近、伊豆半島、サイクリングされる方が多いので、ここの設備は嬉しいかもです。

 

「物産販売所・いずもん」には、地元函南、三島などで収穫された野菜や、

地元野菜で作った加工品や、フルーツを使ったスイーツなどたくさん販売しています。

 

最近、直売所巡りが趣味となっており、あらやる野菜、加工品を目の前に興奮気味で、

ついつい買い込んでしまいました(笑)。

野菜は、生産者の顔写真と共に販売されており、優しそうな生産者の方の写真を見ると、

思わず、かごに・・・みたいな(^^)。

 

今回は、「物産販売所・いずもん」でお買い物をしたのみですが、

他にレストラン、カフェなどもあるので、次回は、そちらで食事をしてみたいと思います。

 

その他、観光案内所、伊豆半島ジオパーク函南ビジターセンター、ラジオブース、

コンビニエンスストアが併設されているんですよ。

 

先週金曜日は、FM k-mix の生放送していました。

 

これから夏のシーズン!伊豆の玄関口・道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」、

立寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

Izu Gateway Kannami is a new rest area around Izu Peninsula, opened May 1, 2017.

 

You can drive out of your way to Izu, especially, you drive long distance, or
the trafic is very busy...etc, for taking a rest, enjoy having luch, buying some food
and vegetables grown locally, also, there are Tourist Information Center and
Izu Geo Park Visitor Center.

 

And, Izu Gateway Kannami is also "Cycle-Friendly"!!

There is a cafe named "Spoke Cafe", takes a role as a place for interacting with people,

especially, who like cycling.

 

Oh, one more thing!

Mt. Fuji can be seen in fine weather.

 

 

道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」

〒419-0124
静岡県田方郡函南町塚本887-1

・物産販売所&観光案内所:営業時間:9時〜18時

・コンビニエンスストア:24時間営業

※その他、ショップにより営業時間は異なるようです。

 

詳細は・・・道の駅・伊豆ゲートウェイ函南

 

 

開放感たっぷりのパティオ!

 

上の写真の中央の階段を上がると↓↓↓

階段の上を撮り忘れた!と思い別の日に行ったのですが、あいにくの曇り空で・・・。

橋の向こう側にも行けるようです。自転車に優しく、階段の中央には自転車用スロープもあります。

 

駐輪場です。自転車のマークが目印。

 

入り口入ってすぐの右手に観光案内所兼伊豆半島ジオパーク函南ビジターセンターがあります。

ラジオブースもあり、県内のFM局の放送も、時々、ここから生放送するようです。

 

物産販売所「いずもん」の入り口。

 

店内にあるブース。こちらでは、食卓でいつもお世話になっている!丹那牛乳のソフトクリームや、

函南すいかのカットすいかを販売!

ソフトクリームは、濃厚だけど、しつこくなく(400円)、すいかは、1カットが大きくて、

食べごたえあります。(300円)どちらも美味しかったです。

 

函南すいかの大きさにビックリでした。

 

物産販売所「いずもん」の店内。(許可を得て、写真、撮らせていただきました。)

店内は、広々していて、商品棚などもゆったりと配置されています。

当日は、平日という事もあり、あまり混雑もしていなかったので、買い物しやすかったです。

 

プリン、ロールケーキ、ご飯のお供等々、購入したものはどれも美味しかったのですが、

「伊豆野菜のピクルス」を今回の一押しにしました。きんかんの和風ピクルスです。(950円)

「この金柑、すごい!」と思ったら、糖度20度、完熟「みしまこん太」と言う金柑で、

”一度は食べてみたい”と話題の三島市の鈴木農園さんという所の金柑を使っているのだそう。

金柑大好き!ピクルス大好き!な私にとっては、嬉しい一品ですが、鈴木農園さんの

金柑、食べてみたくなりました。

 


| 1/2PAGES | >>

ご予約・空室検索

宿泊日

宿泊人数と部屋数

部屋

宿泊料金

予約変更 予約キャンセル

堂ヶ島温泉ホテルへのお問い合わせ:0558-52-0275

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

ページの先頭へ