開花が待ち遠しい・・・

こんにちは。今年も「春のソワソワ度」MAX寸前の今日この頃です。

昨年の今頃、在原業平の「世の中に たえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」と言う句をご紹介しました。

<この世の中に、桜というものがなかったら、春をのどかな気持ちですごせるだろうに>という内容だそうですが、私だけでなく、多くの方が共感できる句ではないかと・・・。

 

ところで、最近、日本の桜は世界でも有名なようで、この時期、桜を見に海外から来られる方も多いとか・・・。

今では、「Hanami(花見)」という言葉が海外でも浸透しているようで、英語のサイトなどでは”How to Hanami."なる花見の仕方まで説明しているサイトもあり、年々、海外からの花見客が増えているようです。

 

今回、桜について色々調べていたら、世界中に桜の名所があり(種類などは異なるようですが)、桜まつりも行われていたりと

Cherry Blossoms は、世界中で愛されているんですね。いつか、世界の "Cherry Blossom Festival"をハシゴしてみたいなと新たな野望を抱いてしまいました。(笑)

 

今年は、お天気に恵まれると良いですね。1年待ち続けたので、1日でも長くお花見したいですね。

 

そして、この3連休、お天気も良く、少し暖かかったので、いても立ってもいられず行ってきました、花畑と黄金崎!少し早かったかな〜と思っていたら、東京では、靖国神社の標準木に5〜6輪の花が確認され、毎年恒例の”桜の開花”が発表されたようです。

海外の桜にも「開花宣言」とかあるのでしょうか?今度調べてみましょう。(笑)

 

・・・と、余談ばかりになってしまいましたが、先週、ちらっとお知らせしました「第35回黄金崎桜まつり」について、詳細が分かりましたのでお知らせします。詳細は、西伊豆町観光協会サイトにてご確認できます。

 

詳細・お問い合わせは・・・西伊豆町観光協会 第35回黄金崎桜まつり The 35th annual Koganezaki Sakura Festival

 

 

The cherry blossom season is just around the corner in Nishiizu area. I'm so excited and can't wait!!

Here is a poem which I like, it is expressing my feeling through words.

 

If it were not for

Cherry blossoms in the world,

How peaceful and calm

The heart in spring could be!

       Poem by Arihira-no Narihira

 

By the way, Sakura, cherry blosso, is very popular internationally for several years, and Sakura is about "Hanami (flower viewing)". "Hanami" is the well-known word in the world now. If you do not know about this word, just google it!! ^^

 

Every year, every place in Japan, Sakura Festival  is held in Spring. We, Nishiizu town, have festival, too. The 35th annual Koganezaki Sakura Festival is held on April 2, 2017 from 10:00am to 1:00pm.

Why don't you join the festival!!

 

I went to the garden using rice feild in Matsuzaki and Cape Koganezaki to see cherry trees on Monday, March 20, not bloom yet, though. Here are some pictures below.

 

第35回黄金崎桜まつり(The 35th annual Koganezaki Sakura Festival)

 

Cape Konganezaki

黄金崎公園(2017年3月20日)

 

桜咲くと、こんな感じです。(2015年撮影)

 

当日はお天気も良く暖かく、海岸沿いの芝生の広場では寝転がっている人たちがいました。(2017年3月20日撮影)

黄金崎は、景色も美しく、とても静かな所で、個人的には、のんびりとできる癒しの場所。一番好きな場所です。

 

この日は、ピクニックされているご家族がいました。(2017年3月20日撮影)

 

(2015年3月撮影)

 

蕾が膨らんできていました。那賀川沿いの桜よりふっくらしているような気がします。(2017年3月20日撮影)

 

相変わらずどっしりと馬ロック。海が透き通っていてきれいです。高所恐怖症の私としては、必死の撮影。

なんとか高さを表現したいと覗き込んでの撮影でしたが、今一つな感じで・・・(2017年3月20日撮影)

 

期間限定!さくら餅ソフトクリーム。滋賀葉餅二重餅で使用するもち米入り。

個人的にはもち米のつぶつぶ感がお気に入り。

こがねすとで販売中。300円。

 

以下、松崎町那賀川沿いの田んぼをつかった花畑と桜並木(2017年3月20日撮影)

Matsuzaki town, the garden using fice field and cherry trees.

密集して咲いている場所とそうでない場所が・・・。

 

ペンペン草、久しぶりに見ました(笑) 写真の上の方が桜並木。桜が咲いた場面を想像してみてください。

 

那賀川沿いの桜の蕾。どうでしょうか、黄金崎の蕾の方がふっくらしている感じがしませんか。

 

 

 

 

 

 

  • 2017.03.24 Friday
  • -
  • 09:06

Spring has sprung !!

Spring has sprung! とは、昔、教科書で習った”Spring has come.”「春が来た」と同じ意味だそうです。

個人的には、花粉症なので、春を飛ばして一気に夏になってくれれば・・・と毎年思うのですが、反面、春の訪れは、何故か心躍る季節でもあります。冬眠から覚めて、さあ、活動開始!トンボロシーズン到来!!「海の道」開いてますよ。!!

そして、”春”と言えば・・・1年待ちわびた”あの”花の季節でもあります!!(^0^/

 

 

春休み目前!本格的な春に向けてワクワク感止まらない皆様へイベントのご紹介です。

 

<西伊豆町>

第2回堂ヶ島トンボロ開き

日時:2017年4月1日(土) 12:30〜(最大干潮時刻/14:22  潮位15cm)

会場:瀬浜海岸

 ・12:30 受付開始

 ・13:00 ビーチクリーン

 ・13:45 トンボロ海の道開きOPEN!

 ☆ 関連イベントとして、4月1日 10:00〜15:00 「伊豆食の祭典」が堂ヶ島園地にて行われます。

 

 ※上記、詳細は・・・西伊豆*HOT☆NEWS♪2 It's Tombolo season!!

 ※問合せ:西伊豆町商工会 0558-52-0270

 

第35回黄金崎桜まつり

日時:2017年4月2日(日) 10:00〜13:00 (小雨決行)

会場:黄金崎公園

 プレイベント 2017年3月18日(土)〜4月1日(土)

   ・ライトアップ(開花状況に合わせて)日没〜21時予定 黄金崎クリスタルパーク沿道

   ・こがねすと及び黄金崎クリスタルパークで桜茶の無料サービス

   ・3月25日(土)野点無料 黄金崎公園 11:00〜14:00(雨天時 黄金崎クリスタルパーク)

 

 黄金崎は、西伊豆町の言わずと知れた桜の名所です。ソメイヨシノ500本。駿河湾と富士山を眺めてのお花見ができます。

 

西伊豆町役場 第35回 黄金崎桜まつり The 35th annual Cape Koganezaki Cherry Blossom Festival

 

 

<松崎町>

田んぼをつかった花畑

 <開花期>2017年3月上旬〜5月5日(金)

 <無料花摘み期間>2017年5月1日(月)〜5月5日(金)

那賀川花見舟体験

 期間:2017年3月18日(土)〜20日(月)、25日(土)、26日(日)、4月1日(土)〜9日(日)

 時間:1日4回

 料金:有料

    ※ちなみに「花見舟」は、カヌー型ゴムボート。手漕ぎでお花見見物です。

 

 那賀川沿い約6kmに渡る1200本の桜並木。メインは、田んぼをつかった花畑近く、那賀川バイパス沿い約1.5km、

 200本の桜並木です。開花期間中、ライトアップも予定され、ライトの光に浮かび上がる桜並木がとても幻想的です。

 

詳細は、下記松崎町観光協会ホームページにてご確認ください。

田んぼをつかった花畑 The flower garden using rice fields.

那賀川花見舟体験 Hanami boat.

 

 

Happy Spring!!

With the coming of spring, everything is gradually coming to life again.

Talking of Spring, there are Tombolo and Cherry blossom in Nishi-izu town.

Tombolo season has already come and it is about the season for cherry blossom!!

 

Here are some information about events in Nishi-izu town and Matsuzaki town.

Cherry Festival, The flower garden using rice filed, Hanami boat which is a boat trip along a cherry tree lined the river.

You can also enjoy the cherry blossom at night with some illuminations!

Well, Robin Williams said "Spring is nature's way of saying, "Let's party!".

Let's party!! Why don't you come to Nishi-izu!!

 

お天気に恵まれますように・・・<詳細・問合せ・・・西伊豆町商工会へ>

Opning event of Tombolo on April 1, 2017.

 

※画像は2015年撮影

撮影場所:黄金崎公園(Cape Koganezaki 2015)

 

撮影場所:松崎町那賀川バイパス沿い。田んぼをつかった花畑。(Matsuzaki 2015)

  • 2017.03.16 Thursday
  • -
  • 09:04

トンボロの季節です♪

3月=弥生=March.

弥生の月。弥生の由来は、草木が長い冬を終えて生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」からきたという説があります。

March の由来は、ローマ神話で言うマルス (Mars) (ローマ神話における戦と農耕の神)の月を意味することからきていると言われています。気候も良くなり軍隊を動かしたり、農作業が始まる時期が3月と言われ、この月の神、マルスと合っています。

昔も今も、3月は何かが動き出す月なんですね。

 

そして、西伊豆で3月と言えば「トンボロ」シーズン到来の月!

 

トンボロ現象とは、普段は海によって隔てられている陸地と島が、干潮時に干上がった海底で繋がる現象で、西伊豆では、当館目の前、瀬浜海岸と沖あい約200mほどの所にある三四郎島の内の一つ、伝兵衛島まで渡る事ができます。

潮の満ち引きによって現れるこの現象は、大変、めずらしく、毎日ご覧いただける現象ではないため、見られたらラッキー!と言われています。

このトンボロ現象は、3月頃から9月頃までが日中、ご覧いただける時期となります。

 

今回、そもそも「潮の満ち引きとは?」という事で調べ始めてみたら、陰陽五行、二十四節気等々、あらゆる世界へ引っ張られてしまいました、潮の満ち引きだけに・・・(苦笑)

 

ちなみに写真撮影した2017年3月5日は、二十四節気の3番目「啓蟄」だそうです。暖かくなってきて虫たちが土から出てくる時期と言われる通り、日中はお天気も良く、波も静かで遊覧船日和でした。

そして、4月1日、トンボロ開き、4月2日には黄金崎桜まつりが行われます。詳細は後日、ご案内しますね。

 

そんなあらやることが動き出す3月。次のトンボロは・・・お日にち、お時間合えば、西伊豆の神秘をご体験ください。

Low tide time for the next 9 days from March 11 to March 19.

潮位予測(Tide Predictions)

3月11日(土) 11:01  56cm  大潮(spring tide)

3月12日(日) 11:32  46cm  大潮(spring tide) 満月(full moon)

3月13日(月) 12:03  39cm  大潮(spring tide)

3月14日(火) 12:32  34cm  大潮(spring tide)

3月15日(水) 13:01  31cm

3月16日(木) 13:31  31cm

3月17日(金) 14:03  34cm

3月18日(土) 14:39  38cm

3月19日(日) 15:21  44cm

※濡れずに歩いて渡れる目安は潮位30cm以下と言われていますが、当日の気象条件により30cm以下でも渡れない場合がございます。

上記日程以外の潮位については・・・西伊豆町観光協会 平成29年潮見表 (A Tide Table 2017)

 

Tombolo season has come!!

About "Tombolo" at Dogashima.

Tombolo is a phenomenon where a strip of land shows up between an island and the mainland at low tide. Dogashima Coast is a sightseeing spot where visitors can experience this rare phenomenon. At low tide, a pathway toward the Sanshiro Islands, consisting of Denbei Island, Nakano Island, Okinose Island and Taka Island 200 m offshore, will appear and people can walk on it. (Quotations from the website of JNTO Japan : the Official Guide by Japan National Tourism Organization)

 

 

2017年3月5日 小潮 最大干潮時刻16:39 潮位39cm(参考:西伊豆町観光協会潮見表)

2017年3月5日 10:07撮影

庭の斜面には早咲きの桜。「瀬」は、まだ海の中。穏やかです。

潮が引き始める時、海がざわざわと動き出すのです。機会がありましたら、海の変化の音、聞いてみてください。

 

2017年3月5日 16:14撮影

たくさんの方が、「海の道」を歩いて渡っていました。夕方は、少し肌寒くなってきました。

風もあり、海も白波がたっていました。午後までとても穏やかな海だったのですが・・・。

 

 

これからの季節、日によっては下の写真のようなトンボロをご覧いただけるようになります。

撮影日:2016年5月8日 大潮 最大干潮時刻12:14 潮位9cm

写真上:2016年5月8日   8:46

写真下:2016年5月8日 11:11

  • 2017.03.09 Thursday
  • -
  • 09:01

♪♪あかりをつけましょぼんぼりに〜♪♪

3月3日は「桃の節句」です。

そこで、今回は、東伊豆町稲取の「雛のつるし飾り」をご紹介します。

先日、河津桜を見に行った際、足を延ばして東伊豆まで・・・と秘密にしておりましたが、この「雛のつるし飾り」を見に行って来たのです。

 

「つるし飾り」とは・・・

東伊豆町稲取。この地で伝わる雛祭りには、江戸時代後期の頃より、娘の成長を願う母や祖母手作りの「つるし飾り」が飾られる風習があったそうです。

当時、お雛様を購入できる裕福な家庭はまれで、せめてお雛様の代わりに愛する子供や孫の成長、幸せを願って、手作りで初節句を祝いたいという親心から生まれたのが「つるし飾り」です。

(引用:稲取温泉旅館協同組合 「つるし飾りの発祥の地 稲取温泉」より抜粋させていただきました。)

 

今回、初めて間近で「つるし飾り」を見たのですが、たくさんの種類の「飾り」、そして数が多く、びっくりしました。

一つ、一つ丁寧に作られた「飾り」。とてもかわいいのです。そして、かわいいだけでなく、ご家族の愛が感じられ、しかも、それぞれに意味を込めて作られているとの事。興味深い・・・。

今回、訪れたのは「雛の館・むかい庵」と「文化公園雛の館」の2か所です。いずれも入館料300円なのですが、「共通券」を購入すると500円で2か所を見学することができます。

 

そして、稲取では、以下のイベントが行われています。

1月20日(金)〜3月31日(金) 「第20回雛のつるし飾りまつり」

2月23日(木)〜3月  5日(日) 稲取の素盞鳴神社にて「雛段飾り」

                 ※神社の階段を使ってのひな人形とつるし飾りの展示だそうです。

4月  7日(金)〜6月30日(金) 「つるし端午の福まつり」が行われます。

 

第20回雛のつるし飾りまつり・・・第20回雛のつるし飾りまつり 20周年記念イベントのご案内

雛のつるし飾り、イベント、その他については・・・稲取温泉旅館協同組合こらっしぇ つるし飾り発祥の地いなとりの郷へ

 

In Inatori, in a hot-spring resort town on east coast of Izu Peninsula in Shizuoka Prefecture, families decorate their homes by hanging many small, handmade tsurushi-bina (hanging dolls). It is said that this custom began in late Edo period. Each handmade doll carries families’ wishes for the good health and happiness of their daughters.

 

Each dolls, tsurushi-bina, has a different meaning of wishes.

For example...

Flowers...be beautiful as flowers

Turtles...symbol of long life

Hikoningyo, a doll of a baby crawling...glowing up bravely by crawling a lot.

Houzuki, a doll of a chinese lantern plant...avoiding feminine ailments.  etc...

 

You will see the love to a daughter from mother and grandmother.

AND you also will see amazing works!!

To see is to believe.

 

 

 

雛の館・むかい庵の駐車場からの景色。沖合の島は大島。お天気が良いと伊豆七島を望むことができます。

それにしても、少し冷たいけど海風が気持ち良かったです。

 

むかい庵にて。最近では、稲取の多くのご家庭で女の子が誕生すると、初節句はこのような感じのようです。

 

端午の節句の飾り。

桃の節句の雛飾りと同じ形もあるのですが、小さくてもパッと見ただけで、男の子らしさが出ている飾り達!

 

端午の節句の飾り。金太郎、クマ、鯉のぼり、馬、犬、イノシシ、トラ他。見ていて飽きません。

 

大正前後の時代のつるし飾り。素朴ながら色合い、風合いが何とも言えない飾りです。

ほんわか温もりが感じられます。

 

飾り一つ一つに意味があります。たとえば・・・

這い子人形・・・這えば立て、立てば歩めの親心。子供の健やかな成長を願うもの。

うさぎ・・・赤い眼のうさぎは呪力があると言われ、神様のお使いとも言われています。

俵ねずみ・・・大黒さんのお使いであるねずみは、金運、霊力があると言われ、

            子宝に恵まれ、働き者になるようにとの願いから。

            そして、俵は五穀豊穣の願う気持ちからと言われています。

大根・・・毒消しの意味。

猿・・・厄がさるの意味。

枕・・・寝る子は育つの言い伝え。などなど。。。

 

スワロフスキーのつるし飾り。キラキラしています(^^)

この「ねずみ俵」から、しばらくの間、目が離せませんでした(笑)

文化公園雛の館に展示されています。

 

文化公園雛の館にて。写真だと一見、華やかで、賑やかな雛飾り、五人囃子中心に宴もたけなわと言った感じですが、

つるし雛をそれぞれ見ていると、温もりが伝わってきて、ほのぼのとした気持ちになってきます。

つるし雛、一つ一つがホントにかわいいのです。愛嬌があるというか・・・。

 

素盞鳴神社の118段雛飾り。

神社の階段を利用した雛段飾り。上の本殿へも行くことができ、雛段飾りを

上から見ることもできるようです。場所は、「雛の館・むかい庵」の近く。

<素盞鳴神社雛段飾り>

2017年2月23日(木)〜3月5日(日) 10:30〜15:00 (雨天中止)

 

  • 2017.03.02 Thursday
  • -
  • 09:00

新たな旅立ちの前に・・・

2月はあっという間に過ぎて行きます。

来週には、もう3月。学校では、卒業式、会社では異動、転勤など送別会シーズンですね。

そんな旅立ちの時を西伊豆で過ごしてみませんか。

ご家族で春休み旅行もよし、お友達との卒業旅行もよし、温泉&宴会でパーッと楽しく送別会!!もよし、いかがでしょうか。

 

小学生までのお子様が無料に!ご家族旅行にオススメの早割ファミリープラン。

春休みの予定を決めてしまおう!とお考えの方は、早割プランもご用意。

大人10名以上、仲間が集まれば、お得なグループ・団体プランもあります。

 

4月からの新生活を前に、ご家族、親しい仲間、同僚等と気分をリフレッシュ!してみては・・・。

 

お得なプランからグルメプラン、露天風呂付客室プランまで、お好みのプランを探してみてください。

 

堂ヶ島温泉ホテル 宿泊プラン

お子様3名様まで無料!ご家族旅行なら・・・【早期割引28】お子様3名様まで無料♪ファミリープラン 海を一望出来る和室

 ※「海を一望できる和室」の他に2つのタイプのお部屋がございます。

  3タイプのお部屋の中からお好みのお部屋タイプをお選びください。お部屋タイプによりご料金が異なります。

 

早割ならお得!露天風呂付客室プラン・・・【海を眺め奇跡の美肌湯を楽しむ露天風呂客室】早期割引30海鮮会席プラン

 ※リニューアルした4階露天風呂付客室です。

 

大人10名以上でお得な・・・グループ・団体プラン

 ※お部屋タイプは選べません。お電話のみ、ご予約承っております。

  必ずご注意事項をお読みになり、ご不明な点はお問合せ願います。

 

お料理、お部屋と様々な組み合わせのプランからお選びください・・・堂ヶ島温泉ホテル その他のご宿泊プラン

 

March is Graduation season or the season for changeing department or position at work.

Let's travel for a change!! Why don't you make plans for spring break with family, with friends, with colleagues before new school year or business year will start on April??

You may be seen cherry in full bloom if you are timed nicely.

 

'Forecast of cherry blossom blooming dates 2017'  

Shizuoka prefecture: March 28, 2017 (The announcement date : February 16.)

 

 

ちなみに・・・当館のお庭でも早咲きの桜がちらほら・・・(2017年2月21日撮影)

 

そして、もうすぐ3月。ソメイヨシノの季節がやって来ます。パッと咲いて散っていくソメイヨシノ。

なかなかタイミングが難しいのですが、2月16日発表の開花予想では、静岡県は3月28日となっていました。

この時期にご旅行を予定しているみなさん!タイミング合えば、桜、楽しめるかもしれませんよ(^^)

There are old photos...2015 or 2016.

2階に3室ある露天風呂付客室の1室からの景色。これから開花状況をブログやfacebookでお知らせ

していきますね。(2016年4月12日撮影)←撮影日を見ると、昨年は開花が遅かったようです。

The view from one of our rooms with an open-air bath.

 

西伊豆町のパワースポット・馬ロックの黄金崎の桜の風景です。2番目の写真には富士山も写っていますよ、

小さいですけど・・・。4月には桜まつりも行われます。また、後日、お知らせします。

(2015年3月30日撮影)←おととしは、開花が早かったですね。桜の開花で一喜一憂!の意味を痛感(笑)

Cherry trees in the Cape Koganezaki.

 

西伊豆町のお隣り、松崎町の那賀川沿いの桜並木と田んぼをつかった花畑。

上2枚の写真(2016年4月5日撮影)/花畑からの桜並木の写真(2015年3月30日撮影)

Naka River and the flower garden using rice field in Matsuzaki town next to Nishiizu town.

 

 

  • 2017.02.25 Saturday
  • -
  • 09:00

ちのめぐみ

今回、ご紹介するのは『ちのめぐみ』。

当館オリジナルの「アルカリ性天然温泉水」です。

 

堂ヶ島温泉ホテルと言えば「化粧の湯」と巷ではちょっとした有名な温泉です。

源泉が海岸の近くにもかかわらず、無味無臭。そして、アルカリ性単純泉の温泉はph9〜9.3。天然保湿成分と言われているメタケイ酸もたっぷり含まれた当館の温泉は、とろっとしており、湯上りのお肌がつるつるになるという事で「化粧水要らずのお湯」としてご好評いただいています。

 

そして、飲泉許可も取っており、館内の指定場所で飲泉ができるようになっています。

今までは、館内でしか飲むことが出来なかった温泉水をご自宅にもお持ち帰りいただけるようになりました。それが、アルカリ性天然温泉水『ちのめぐみ』です。

 

『ちのめぐみ』は、ph9.2、メタケイ酸123mg/Lの美肌ウォーターです。

当館の温泉の効能を体の内から、外から実感いただける温泉水です。ぜひ、一度お試しください。

 

ちなみに・・・

メタケイ酸とは、天然の保湿成分と言われ、肌の新陳代謝促進、毛髪や爪を強くし、コラーゲンの生成、皮膚の老化抑制などの効果が期待される成分で、含有量が50mg/L以上で「美肌の湯」とされています。

当館の含有量123mg/Lが「化粧の湯」の称号をいただけるのもご理解ただけると思います。

 

ちのめぐみ   1本200円   

        1箱(24本入)4320円 ⇒ 1箱まとめてご購入の場合、1本あたり180円とお得です。

売店及び館内自販機にて販売中!!

 

Chi no Megumi, gift from the earth.

This is a natural hot spring beauty water from our amazing hot spring called “Kesho no Yu” which means “hot springs like a lotion”.

Chi no Megumi is a natural alkaline hot spring water [9.2] and the water contains 123mg of metasilicic acid per 1000ml.

 

Alkaline water removes old keratin and dirt and helps the skin to absorb the beautifying components.

A moisturizing ingredient called metasilicic acid, which is a natural beauty ingredient, and it controls the ceramide molecules in your skin.

It is usually said that you can expect to see effects if the water contains 50mg of metasilicic acid per 1000ml.

 

 

売店及び館内自販機にて販売中!!

 

 

  • 2017.02.23 Thursday
  • -
  • 09:14

一足お先に”春爛漫”

こんにちは。

ここ数日、西伊豆特有の西風もなく、寒いながらも穏やかな日が続いております。

 

今回は、先週に引き続き、桜まつり真っ盛りの南伊豆町、河津町へ行ってきました。

先日、桜まつり前に訪れたときは、みなみの桜の方が開花している感じがしましたが、今回、訪れてみると、河津町の桜が一気に開花した感じがありました。

いずれにしても桜まつりは始まったばかり。1日でも長く咲き続け、私たちを幸せに、そして楽しませてほしいものです。

 

今回は、堂ヶ島を出発し、海岸線を南伊豆、そして下田、河津へと行きました。お天気が良くドライブ日和でした。

地元に住んでいながら思うのは、伊豆半島の海岸線は、やっぱり美しい!ということでしょうか。駿河湾越しに富士山から御前崎の先まで見ることができ、下田市に入ると相模灘、そして遠くには大島を始めとする伊豆七島の島々が見られます。でも、運転にはくれぐれもお気を付け下さい。

 

当日は、素晴らしいお天気で、午前中はひんやりと、しかし、午後からはポカポカと海岸線の景色を楽しみながら、そして、ピンク色の河津桜の並木道を歩き、一足早い”春爛漫”を満喫してきました。

桜は、河津町、南伊豆町共に見頃が続いています。天気予報では、これからの1週間、晴れ時々曇り、曇り時々晴れの予報になっているので、ぜひ、訪れてみてください。やはり河津桜には青い空が似合います。そして、桜を見た後は、西海岸で富士山を楽しむ・・・なんて、いかがでしょうか。

 

ちなみに、桜の並木道、結構、歩きます。スニーカーなど履きなれた靴での散策をオススメします。

 

実は今回、東伊豆町稲取まで足を延ばしたのですが、そちらのご紹介は、後日という事で、お楽しみにしていてください。(^^)

 

Primavera!!

Still cold, but Spring is in full bloom.

Now is the best time to see Kawazu-zakura, cherry blossoms in Kawazu cho and Minami-izu cho.

 

撮影日:2017年2月14日  撮影場所:河津町、南伊豆町

河津川沿いの歩道。桜のトンネル。

 

川辺からの景色。歩道を歩いていると、何か所か川辺におりられる階段があります。

 

河津桜と青い空。青が似合いますね〜。

 

見頃の河津桜ですが、まだまだつぼみもたくさんありました。これからも楽しみです。

 

今回、全長の4分の1位しか歩けなくて、ちょっと心残りはありますが、次回は全長制覇を目指そうと思っています?!(笑)

 

みなみの桜。川の対岸は、日当たりの影響か、咲き具合がゆっくりな感じ。上流に行くと木が大きく、

見応えが増すと地元の方が教えてくれましたが、時間の関係で次回に持ち越しました。。。^^;

朝10時前の青野川沿い。この日は冷たく、手袋なしではいられませんでした。人もまばらですが、南伊豆を

出発する11時過ぎ頃には、駐車場場いっぱいになりだし、人も増えてきていました。

埼玉と横浜いらしたというご婦人方や10年前に南伊豆へ越してきたという方とお話しができたりと楽しい時間を

過ごしました。早めの散策、おススメです。ゆったりと過ごせますよ。

 

みなみの桜も見頃ですが、ふっくらかわいいつぼみもたくさんありました。まだまだ見頃は続く!!雨、降らないで!!

 

ちなみに、当館のお庭の寒緋桜も・・・(Winter cherry at our garden is just to begin blooming)

  • 2017.02.16 Thursday
  • -
  • 09:00

ピンクの季節・・・

2017年もあっという間に2月。立春を過ぎてもまだまだ寒いのですが、2月と言えば・・・、そうです、ピンクの季節到来。

今年も2月10日から河津町、南伊豆町で桜まつりが始まります。

 

そもそも「河津桜」とは・・・

桜の一種。学名「Prunus lannesiana Wils. cv. Kawazu-zakura」。オオシマザクラ系とカンヒザクラ系の自然交配種と推定されている。日本で一般的な桜となっているソメイヨシノより花色が濃い早咲きの桜で、ピンク色の花を1月下旬〜3月上旬にかけて約1カ月間つけ続ける。1955年頃に静岡県賀茂郡河津町で発見され66年に初めて開花、74年にカワヅザクラ(河津桜)と命名された。75年には河津町の木に指定され、毎年「伊豆河津桜まつり」が行われている。

(引用:知恵蔵miniの解説(2016-2-26))

 

説明の通り、河津桜は、濃いピンク色の花を咲かせます。そして、ちょうど時期が重なる菜の花の黄色とのコントラストが美しく、そこに青い空が加わると、なんとも艶やかな美しい光景となります。

何よりもうれしいのが、その美しい光景を長期間、楽しむことが出来るという事でしょうか。

 

河津町では、河津川沿い約4km、そして、南伊豆町では青野川沿い約4.2kmに渡って桜並木が続いており、両町とも桜まつり期間中、様々なイベント、そして、夜にはライトアップが予定されています。昼間の色鮮やかな桜並木とは趣をかえるライトアップされた桜並木も必見です。ぜひ、暖かかくしておでかけくださいね(^^)

 

2月5日朝配信の静岡新聞によると、今年は暖冬の影響で開花が早いとの事。各町の観光協会のサイトでは開花情報なども発信していますので、要チェックしてみてはいかがでしょうか。

桜まつりのチラシは、当館フロントにもございます。

 

The Kawazu-zakura season has come. Kawazu-zakura is a kind of cherry blossoms, bloom from February to March.

It is very pretty, pink flower and there is a festival from Februay 10 through March 10 in Kawazu-cho and Minamiizu-cho.

 

詳細は・・・河津町観光協会

Kawazu Tourist Association

 

 

詳細は・・・南伊豆町観光協会

Minamiizu Town Tourism Association

 

 

という事で、2月6日、河津町、南伊豆町の桜を見に行ってきました。(2017年2月6日撮影)

南伊豆町青野川にて。蕾が膨らみ、咲き始めた花も多くピンク色が増してきた感じです。

 

木によって咲き具合が異なり、ほとんど蕾の木、5分咲きの木など・・・

 

河津町河津川沿い。当日は、まだ蕾が多い感じでしたが、その後、少し暖かくなり

開花が進んだようです。メイン会場付近で撮影しましたが、

きれいなピンク色の河津桜。蕾もふっくらピンク色。

  • 2017.02.09 Thursday
  • -
  • 09:01

奇跡の夕陽!!

夕陽のまち・西伊豆町。

日本の夕陽百選に選ばれた西伊豆町の夕陽。年間を通じて町内各所で美しい夕陽をご覧いただけます。

夕陽を撮影しに、多くの方が西伊豆を訪れます。そして、町内には夕陽ボランティアがおり、季節毎の夕陽ベストスポットを紹介してくれます。(※夕陽ボランティアは、事前予約が必要です。西伊豆町観光協会へお問合せください。)

 

そんな夕陽のまちで「奇跡の夕陽」を見つけてみませんか。

奇跡の夕陽でちょっと遅いお年玉をもらえるかもしれませんよ・・・(^^)

 

 

応募の詳細は・・・奇跡の夕陽特設サイト をご覧ください。

その他、堂ヶ島観光の詳細は・・・西伊豆町観光協会

  • 2017.02.02 Thursday
  • -
  • 08:59

2017年 よろしくお願いいたします。

こんにちは。ご無沙汰しておりました。
寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

久々の更新ですが、皆様にお知らせがあります。。
館内で無料Wi-Fiを利用できるようになりました。

ご利用の詳細につきましては、館内、各お部屋にある「インターネット接続のご案内」の書面にてご覧いただけます。

 

ところで、新年明け、すでに半月以上が経ってしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします!!という事で、早速、黄金崎からの富士山の撮影に行ってまいりました。
撮影した日は、良いお天気で、少し風があり寒く波もありましたが青い空がとても美しい朝でした。

 

出勤早々、三四郎島を見に行くと、両側から波が押しよせる荒々しい冬の風景でした。象島を始めとする三四郎島は、いつも通り瀬浜海岸の沖合に変わらぬ姿で鎮座しています。
潮の満ち引きで瀬浜海岸と三四郎島の間に現れる「海の道・トンボロ現象」は、3月頃からご覧いただけると思います。

 

三四郎島を確認したのち、富士山を眺めに黄金崎へ。出勤途中の富士山は、白い雲をまとっていましたが、黄金崎に着いた時には、雲も取れ、いつもの美しい姿を見せてくれました。そして、黄金崎と言えば「馬ロック」。西伊豆のパワースポット。年末の番組では、伊豆半島をしりとりで旅をする!という番組でも紹介されていました。
当日は、富士山と馬ロックというWパワースポットの撮影にも成功!!新しい年、新たなスタートをきるには最高のコラボが実現!!

これからもまた、西伊豆便りを発信していきますので、何卒、よろしくお願いいたします。

 

First news of 2017 from Dogashima.

 

We have free Wi-Fi in the room and lobby area.
Please do not hesitate to contact Front Desk Clerk when you need information.

 

I went to Cape Konganezaki and took photos of Uma-rock with Mt. Fuji because they are well known as a sign of good luck and great fortune.
It was nice weather and beautiful blue sky!

 

青い海、青い空、地球は青い!西伊豆の神秘・トンボロ現象の季節まで

あと少しです。

 

西伊豆のパワースポット・馬ロック。当日は荒々しい波が・・・

馬ロックの周りの白波が物語っています。

 

馬ロックと富士山。(Uma rock and Mt. Fuji)

 

黄金崎からの富士山。(Mt. Fuji from Cape Koganezaki)

  • 2017.01.26 Thursday
  • -
  • 10:44

| 1/20PAGES | >>

ご予約・空室検索

宿泊日

宿泊人数と部屋数

部屋

宿泊料金

予約変更 予約キャンセル

堂ヶ島温泉ホテルへのお問い合わせ:0558-52-0275

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

ページの先頭へ